ホーム > ASR再資源化事業部 > ASR再資源化:よくある質問

ASR再資源化事業部

ASR再資源化:よくある質問

ASRとはなんですか?

A1
使用済み自動車を破砕(シュレッディング)した後に残る残さ(シュレッダーダスト)です。樹脂・ウレタン・プラスチックなどの可燃成分が約75%、ガラスや金属などの不燃成分が約25%を占めています。
*ASR・・・“Automobile Shredder Residue”の略(自動車破砕残さ)

ASRはどのように処理されていますか?

A2
ASRの処理施設(指定引取場所)にはリサイクル施設、焼却施設、埋立処分場の3種類があります。ASRのリサイクルは、固形燃料化や選別回収を行う「マテリアルリサイクル」と、焼却後に熱回収や発電を行う「サーマルリサイクル」に大別できます。

自動車メーカーがASRを処理するのですか?

A3
ASRの引取・再資源化を効率よく行うために、自動車メーカーは各地域のリサイクル施設と契約し、指定引取場所として引取業務を委託しています。ASRの引取・処理の実務は指定引取場所が行います。

なぜ、豊通リサイクルがASRの引取・再資源化業務を行っているのですか?

A4
各自動車メーカーが個別に引取・再資源化業務を行うのは効率が悪いため、自動車メーカー(8社)から委託を受け、THチームとして業務を行っています。

指定引取場所の選定基準を教えてください。

A5
ASR発生元(破砕業者)から見て適正配置となるように、各地域に指定引取場所を設けています。すべてのASRをリサイクル施設で引き取るのが理想ですが、適正配置の観点から、焼却施設や埋立施設も併用しています。

ASR再資源化にかかる費用はどこからでているのですか?

A6
原則、新車購入時に「リサイクル料金」として預託していただく預託金を原資とし、自動車メーカーから支払われます。各自動車メーカーでは年度ごとにリサイクル費用の収支を公表しています。

基準重量はどのように決めているのですか?

A7
自動車の材料組成データを基に算出したASRとなりうる量(理論ASR重量)と破砕処理実験により求めたASR実重量に高い相関があることから、新型車ASR基準重量は材料組成データを基に各自動車メーカーが算出しています。
詳細は(社)日本自動車工業会のページをご覧ください。
http://www.jama.or.jp/eco/asr_sw/

自分の車のリサイクル料金が知りたいのですが?

A8
各車両のリサイクル料金は各自動車メーカーが個別に算出しています。弊社ではお答えできませんので自動車メーカーに直接お問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る